スケボー全然上達しないなーと思っているひとへ【スランプから抜け出そう】

昔と比べたら成長してはいるけど「最近NEWトリック増えないしなー」とか思ってしまう時期がありますよね。

この記事は再びスケボーに対して熱が入り、モチベーションアップできる内容となっています。

プラスで「スランプから抜け出す」具体的な方法も解説していますので、よかったら最後まで見ていってください。

なぜ上達しないと感じてしまうのか?

それは結論「他人と比べているから」です。

「あいつはキックフリップメイクできているのに、俺はまだメイクできていない」とか自分はセンスがないと感じるのは、全て他人と比べている事が原因です。

「分かった、じゃあ他人と比べずに自分ひとりで頑張ればいいんでしょ?」

ちょっとまった!それはNGです。

あなたが上達したいと思うのなら他人と比べることは必要です。

そして、良い意味で他人と比べましょう。

例えば「自分ができないトリックを動画で見比べる」とか「上手い人の動きを観察して取り入れる」とか。

別にスケボーに限らずどんな分野でも「自分より先の地点にいる人」からヒントを学ぶ事は上達への近道となります。

上手くならない理由は?

あなたが上達しない理由は、圧倒的に滑る量が足りないことです。

以上で「スランプから抜け出す方法」でした。

で終わってしまうと何のためにもならないと思いますので、ここからは過去の僕を例にあげて話します。

僕は過去にショービットができなくて挫折した経験があります。

その時の状況は

  • 週に2回ぐらい

  • 友達と2人で1つのスケボーで練習

  • やっても1日2時間

  • ほぼしゃべっているだけ

今この状況を考えたらありえないです。「そんなんで上手くなる訳ねぇだろ!」

それから現在では

  • 週に4回ぐらい

  • 1人でも滑る

  • 1日5時間ぐらい滑る

  • ほぼ休憩なし

もちろん、ケガなどにより上記の通りではないですが、明らかに滑る量が増えました。

滑る量が増える→上達する

上達する→滑ることが楽しくなる

そもそも上達している?

「自分ぜんぜん上達しない…。」これめっちゃ分かります。

急にブルーな気持ちになって口を開けば「スケボーやめようかな」とか言ったりする。

でも実際は上達していない訳ないんですよ!

あなたが上達していないと感じるのは、短いスパンで考えているからです。

「ここ1ヶ月上達していないなー。」こんなもん当たり前です。

1ヶ月前なんて今の自分と全然変わらない。

もっと過去の自分と比べてください。

半年~1年前の自分の滑っている姿を思い出してください。

成長していますよね?

初心者の場合などは特に、伸びしろがありますので、圧倒的に成長していると思います

そもそも上達って?

別に上達しなくてもスケートボードは楽しいので、上達にこだわる必要はないのですが、自分が上達したと感じた瞬間ってとても嬉しいですよね。

上達には目に見える上達と目に見えない上達があります。

目に見える上達

  • 新しいトリックが出来るようになる

  • オーリーでより高い物を越えられるようになる

  • メイク率が上がる

目に見える上達とは、自分でも実感がわく、言わば「よっしゃー!」と両手を上げたくなるような上達です。

この目に見える上達があった日は、その1日ルンルン気分になりますよね。

目に見えない上達

  • プッシュに安定感がでた

  • こけ方が上手くなった

  • 新しいトリックに挑戦した

ささいな事かもしれませんが、長期的に見ると上達に欠かせない要素です。

大きな成功はもちろん嬉しいですが、目に見えない小さな成功があるので「これをこのまま続けても無駄」なんて事はありません。

上達までの具体的な手順

  1. 動画などでトリックのやり方をインプット

  2. 実際に体を動かしてやってみる(アウトプット)

  3. できない理由を考える

  4. メイク(おめでとう)or諦める

3の「できない理由を考える」の期間が1番辛くて長い…。

「難しいからこそメイクできた時はうれしい」

「高い山ほど登り切った時に達成感がある」みたいなキレイごとがよくありますよね。

僕は低い山でもいいから、さっさと登り切りたいです(笑)

つまり「簡単なトリックからメイクしていきましょう」という話です。

例えるなら、エベレストがキックフリップで、富士山がオーリーだとしたら、まずは「富士山を余裕で登れるようになろうよ」という事です。

いきなり高い山を登ることも不可能ではないけど、他の山をたくさん登った経験がある人の方が、楽に登れますよね。

山は登り切ったら下りるだけ(終わり)だけどスケボーはメイクしてもその先が長い。

なんだったら、メイクするまでより、完成度を高める方が時間がかかる。

最後に

つい最近まで僕も初心者だったようなものなので、初心者の気持ちがすごく分かります。

スケートボードが上手くなるためには「時間をかけて練習すること」これも大事だけど、どのように考えるかの精神的な部分も重要だと思っています。

何事もそうだけど、やっぱり好きじゃないと続かない。

僕はスケートボードに片思いしていますが、いつか振り向いてもらえる日を夢に見ています。

以上【スランプから抜け出そう】の記事でした。

タイトルとURLをコピーしました